2010年07月12日

ふたりのロッテ

 ボークスニュースが届きました。
 ドレスがどれもいまいちなのがいちばん残念かなあ……。
 リーフレットでリトルアリスを見た、あの衝撃にも似たパッションを感じないかぎり、限定を買うこともないと思うので、なにげにニュースが来るたびいちばん楽しみにしているのは新作ドレスです。
 裕福であれば、ちょっとでも「いいな」って思った限定は買うんでしょうけどね。ビンボーだからね(笑)。
 それにしてもつくづく思うのは、ツボった限定が幼でよかったということ。17少年にツボりでもしたら20万くらい吹っ飛ぶんですから。……ああボークス製品は高いなあ……。
 リーゼロッテとシャルロッテ、同ヘッドの色違いかなあと思ってたんですが、どうも別ヘッドらしいですね。このふたりは姉妹なんだろうか。それならヘッドが似てても納得がいきます。それより美白の子のほうはなにやら病弱設定らしいのが気になる(笑)。容易に窓にも近づけない子がブランド服とな!?
 ドレスの話に戻りますが、制服シリーズが実は好きです。16少女サイズがバカみたいに高騰してみすが、あのデザインは確かに秀逸。16少女持ってたら、なにがなんでも手に入れたと思います。今回の夏服も爆発するんでしょうかねー。残念なことに、13少女サイドのデザインはいつもそれほど好みではないんです。16少女サイズのデザインのまま合わせてほしかったと、つくづく思います。
 16少女ボディって、脱いだら「……」って思うんですけど、服を着せたらすばらしいプロポーションに見えます。ハリウッド女優みたい。
 ……ひそかに16キラはとてもいい表情だと思っている。


 そして先ほど、PIPOSさんからねこさま発送の一報が入りましたよー!
 郵便局はいま大変みたいなので、もしかすると到着が遅れるかもしれませんが、すごく楽しみです。てぐすね引いて待ってるですぜ。
posted by モロクっち(諸口正巳) at 18:34| Comment(0) | 日記

2010年07月05日

「雷のような音」

 早朝、我が部屋でドダンというものすごい大きな音がして、低血圧なわたしも飛び起きました。
 直感的に「なんか落ちた」と思いました。いやわたしの部屋はものが多すぎるし、重たい殺人鬼の数がそこそこありますからね(笑)。
 半分寝ぼけながらベッドのまわりを確認しましたが、異状なし……。
 わたしの部屋じゃなかったのかな、と二度寝に入りました。
 そして数時間後に目覚めてメガネをかけたら、なんとアヤンがウィッグを広げてうつ伏せに倒れているじゃありませんか!!
 普段コンタクトしているド近眼なわたしは、ベッドから離れたところでブッ倒れたアヤンの姿が見えなかったのです。寝ぼけてたし、部屋は暗いし、アヤンの服黒いし。
 あわわわ、と起こしてみたら、顔面からフローリングにダイブした(であろう)にもかかわらず、アヤンは無傷でした。
 発見した瞬間は、「こりゃ鼻が欠けたな!」と覚悟したのですが、鼻より先にデコをぶつけたんでしょうか。それにしてもものすごい音だった。
 今までちょっと地震で揺れても平気で立ってたのに、急に何が起きたのだろうか。
 そういや最近アヤンだけ触ってなかったかな。
 悪いことしちゃった気がするんでこれからお着替えさせてきます。
posted by モロクっち(諸口正巳) at 22:33| Comment(0) | 日記

2010年06月30日

ヘタで6月を締めくくる

IMG_1026.JPG

 次の更新は誰の写真にしようかなーとか思っているうちに6月が終わることになってしまいました。まだまだ6月は終わらないぜと思ってたのに。
 ところでこのベルーナをどう思う!
 わたしはちょうかわいいと思うんだ!!
 こういう「お姫様」「おにんぎょさん」系のウィッグが本当によく似合います。わたしとしてはおんなのこや女性は黒髪のほうが好きなんだけど、ベルーナは似合わない気がします。
 ほかのお宅のリトルロリーナの写真見ると、黒髪やおとこのこ化も充分かわいいし似合ってるのに、うちのはなぜかろりろりなおんなのこの格好しかピンとこないなあ。

 そしてこの写真、黒兎さんのドール写真のコツにならって、アルミ箔レフ板を使用してみたのです!
 曇りの日なのに顔が明るい! 大成功!

 かと思いきや

IMG_1024.JPG

 あ……あれ?
 顔がすごく暗くてむしろ怖い写真になってしまっているぞ……。
 ドレスの白だけがやけに目に焼きつく……。
 ええいこのヘタクソめ。

IMG_1021.JPG

 アップはきれいに写るようです。
 今度は晴れた昼間に試してみます。
 しかしこのドレスのかがやきを見るに、白肌は飛んでしまいそうな気もする。要勉強ですな。
posted by モロクっち(諸口正巳) at 18:30| Comment(2) | ベルーナ(幼SDリトルロリーナ)

2010年06月10日

なんかもう大人気?

IMG_0154.jpg

 うおおおおぅぅいかわいぃいいい。
 アリス服がメチャクチャ似合いますよォォ―――ッ。
 そりゃアリスっていう設定の造形のヘッドの色違い(複雑すぎる)なんだからしっくりくるのが当たり前なんだがねェェ―――ッ!

 ああでも靴はロリーナデフォルトのほうがよかったかな。


 PIPOSさんの限定ねこさま、12日までの受注のはずなのに女の子のほうが売り切れてる!?
 さ、さすが、多くの人を惑わせたねこさま。
 でも受注のはずだからそのうち復活するかもしれませんね。たぶん、PIPOSさんの想定以上に注文が入ってしまったと見た。
 実はわたしもあまりの人気とその魅力に、「受注だよね? でも早く申し込んどかなきゃなんとなくヤバそうだ……受注なんだよね?」と不安になって、買おうと決心したらすぐに注文してました。いつもは期間受注ものだと、ぎりぎりまで待つんですけど。
 ちなみに向かい合わせでお辞儀をしてる画像がわたしの心をブチ抜いたのでした。
 もともとPIPOSさんはアリスシリーズの途中から注目を始めていました。三月ウサギがすごく好みだったんですけど、気づいたときにはすでに受注終わってて……。
 誰もが通る道(?)で、チェシャ猫の顔にたいそう驚愕したのですが、今じゃすっかり慣れました(笑)。
 なんにしても、ねこさま到着が楽しみ。


 そしてSOULDOLLさんちの隠者はまさかのマスク。
 なぜマスクなのか!? それにしても市村正親似だ(笑)。
 ノーメイクの老人マスクが息を呑むくらい好みです。
 ヒゲがモールドなんですね。
 細かくて申し訳ないんですが、わたし、口髭だけ生やしたオヤジはよっぽどのことがないと好みにならないんです。ヒゲはぜんぜんまったくOKというか大歓迎なんだけど、口髭はどうしても顎鬚とセットでいてほしいのです。理由などない。これがオヤジスキー症候群患者のこだわりだ。
 閑話休題、どうやら隠者は70cm級のようですね。
 70cm級で基本61000円というのは安いような気もしますが、ちょっと扱いにくそうなのであきらめます。ねこさまも買ってしまったしね。もう少しお金に余裕があれば、ノーメイクで行ってしまったかもしれません。
 しかし衣装が2万とは、ミョーに高い。
posted by モロクっち(諸口正巳) at 22:02| Comment(0) | ベルーナ(幼SDリトルロリーナ)

2010年06月06日

週明けを待つ

 ここのところ写真載せてませんな。ぜんぶアラン・ウェイクというアメリカ人作家のせいです(笑)。
 

http://souldoll.net/shop/step1.php?number=1273

 詳細をドキドキしながら待ってます。
 右側のじっさまヘッドが超気になる。
 左側もうまくすればアプスゥールにできると思うのです! ていうかウィッグ黒にして目を金眼にすればいいだけの話。
 しかし、これはヘッド2種つくってことなのかなあ? 眠り目+通常ヘッドのセット売りは海外限定ではままあることだけど、これ左側と右側じゃ完全に顔の造り(というより年齢)からして違いますよね。
 貴族(30代)→なんかあった→隠者(60代)
 という設定を踏まえて、「この人は同一人物」ってことにしたいのかもしれない。いやきっとそうだろう。色は変わってるけど髪型が同じだから(笑)。
 ここは「これ売れるのか」と本気で心配してしまうような、個性的な限定を出してきますね。じっさまドールなんて、購入を本気で検討するのはわたしみたいな筋金入りだけだぞ(笑)。
 二重関節を見たのは、記憶しているかぎりだとここが最初でした。レノウのボディのレポしたときも言いましたが、骨折してるみたいで苦手です。扱いづらいことも知っていますし……。
 ともあれ詳細がとても楽しみなドールです!


 でも買えないと思う。 


 なぜなら……買ってしまったからです。
 名前ももう決めました。
 うちに来るのを楽しみにして待ってるよ。

 K守さん、予想大当たりでした! お見事です!
posted by モロクっち(諸口正巳) at 00:38| Comment(5) | 日記

2010年06月01日

黒きものの恐怖

 LUTSさんで買った服の色移りがすさまじい。

IMG_0930.JPG
↑この服

 着せて脱がせるたびにメラミンスポンジかけなきゃいけないくらいです。
 民間療法(?)では、酢と塩を入れた水で服を煮るとよいらしいですが……。

「撲殺か。凶器を特定するには、首を煮るしかないな」
                   ――ギル・グリッソム


 食べ物じゃないものを煮るって、こんなにも勇気が要ることなのか……(笑)。

 今日、LUTSさんが限定発売日だったので様子を見に行ったら、よさげな服があったんですけど、色が真っ黒で。
 DDに着せるボディスーツみたいなものが必要なのかな。
 でも不思議なことに、いつも黒ばかり着ている白肌のアヤンには、色移りしたことがほとんどないのです。ヘッドにはウィッグの色移りがありますけどね。隠れる場所だからぜんぜん気にしてない(笑)。
 でもベルーナの色移りは腕だったので大変でした。
 黒い服大好きだから、つらい問題だなあ。


 ドール仲間の一部の方には告白したんですけど、近いうちちいさい子が増えそうです……。ああ……。
 もしかしたら思いとどまるかもしれませんけど、今回は小鳥っ子の葛藤も及ばないくらいにハートを撃ち抜かれました……。
 ちょっと毛色の変わったドールですが、お披露目をお待ちください……。
 まだ買ってはいないんだけど……でも、今回は持ちこたえられそうにない……。
 お、お前は先に行け……俺はもう無理だ…………。
posted by モロクっち(諸口正巳) at 21:14| Comment(2) | 日記

2010年05月24日

無謀の神

 先日オークション終了しましたが、有名カスタマーさんのパテ盛り稔ヘッド、白状するとツボでした。落札価格32まんえん。

 32まんえん。


 お・おおう……。
 それエジプト行けるじゃん……イタリア行けるじゃん……イースター島には行けないが……。

 すごいですねー。
 カスタムで食べていきたいとまでは思わないけど、自分好みに自在にカスタムできるようになりたいと思っています。
 でも立体関係の教科は昔から苦手だったからなあ。それと、これはわたしの勝手な見解ですが、ドールメイクには油彩の能力が必要だと思います。全体像がつかめるくらいにまで塗ったら、油彩は取り返しがつかないから。水彩よりも確実に難しい。水彩は水彩で、表現するためにはもちろんテクニックや才能が必要なわけですが、油彩とはベクトルがちがう気がしています。
 わたしは水彩とアクリルが好きで、大学の授業で本格的にやったときに「これだ!!」というひらめきのようなものを感じたのですが、油彩はほんとに苦手でした。ぜんぜん思うように描けなくて。
 長い前置きになりましたが(笑)、ドールのメイクをしているときは、なんとなく、油彩と向き合っていたときの感覚に陥るのです。「こうしたい」というイメージはあるのに、そのイメージがキャンバス(ヘッド)の上でかたちにならない……。

 稔のノーメイクヘッドは、実はかなり好きです。オークションやフリマで見かけるたびに、「どうしよう」とうろたえています(笑)。
 でも、うまく自分好みのメイクができる自信がまったくない。
 わたしにできる範囲は、オーバーメイクどまりです。
 もう少しヘッドが安ければ、挑戦してみる気になるんだけどなあ。
posted by モロクっち(諸口正巳) at 21:11| Comment(0) | 日記

2010年05月20日

海外の勢い

 久々に海外ドールレポ。要はモロクっちの興味を引いたものなので、面白いかどうかわかりませんが。


http://crobidolls.com/shop/step1.php?number=1210

 ひと目見た瞬間、「これイイ!」って思いました。
 CROBIさん解釈(笑)のチェシャ猫。
 しかしここのところ『不思議の国のアリス』がブームだねえ。
 そんなこと言ってる自分も、今アリス絡みの仕事してるし。
 それにしてもびっくりするくらい高い。ボークス並みじゃありませんか。ひと目惚れしても、この値段じゃとても手が出せません。アンコールワット行けるじゃないか。


http://www.luts.jp/SHOP/100134.html

 LUTSjapan限定、その名もあんこちゃん(笑)。
 かわいい!
 仮にお迎えしたら、そのまんま名前はあんこちゃんだ。それ以外の名前が許されない気がする(笑)。
 なにげにLUTSさんのHONEYシリーズは、好みな顔が多いです。ぜんまいTAFFYは今でもほしい。


http://www.impldoll.com/goods.php?id=423

 一応、クリーチャー系注意入れときます。
 ……すごすぎる。
 ……なんだこれ。
 設定はこれ、『デーモンハンター』って書いてあるけど、こいつがデーモンなんじゃないのか。それともデーモンがデーモン狩るってこと?
 しかも基本395ドルって、ばかに安い。小さいのかと思ったら、64センチみたい。
 SOULDOLLさんちにはシヴァもいるし、すごいな海外ドールは……。


http://angelheim.com/shop/step1.php?number=597

 ブログで取り上げないうちに有名になってしまった感がありますが、以前から気になっているメドゥーサドール(なぜか男性)。
 この蛇パーツだけでも別売りしてくれるんですよ!
 レノウにつけたらものすごく怖そう。←嬉しそうに言っている様子をご想像ください
 顔つきは、同じメーカーさんのVenetioのほうが好みです。
 ベネチオって聞いたらベネチオ・デル・トロしか出てこない映画キチ○イなんですが。
 ここは突然アライグマっこを出したりして、ちょくちょくド肝を抜かしてくれます。


 海外ドールはやっぱりフリーダム。
 あまりにすごすぎても、着替えさせられないから遊べないし、難しいところですね。
posted by モロクっち(諸口正巳) at 23:01| Comment(2) | 日記

2010年05月14日

後悔の日々かもしれない

 SOOMさんのようすがおかしい

 先々月の猫っこといい今月の悪魔っこといい、どうも造形の雰囲気が「違う」。
 違うというのは、去年SOOMファンをさんざん苦しめた(笑)限定ちびっこたちと雰囲気が違うということです。
 造形師さんが変わったとしか思えない。
 大きい限定さんたちにはそういう違和感ないのになあ。
 なんとなく、日本人が好む造形から、中国系ドールバリバリの雰囲気になってしまった感じがします。
 まあでも、ドールの印象ってほんとに人それぞれだからなあ。

 しかし、ベルーナをお迎えしてからつくづく思うのは、
「どうせ幼SD買うことになるんだったら、小鳥っこ買っとくんだった」
 これにつきます(笑)。ドルパでも黒兎さんたちにボヤいちゃいましたよ。
 もちろんわたしには予知能力など備わってないのですから仕方ないですし、鳥っこ発売時はお金にあまり余裕がなかったのも悲しい現実。「あと○ヶ月先に印税入るから大丈夫」とか言って、お金ないうちからドカドカ買い物するのは非常に危険なことだと思うし(出版社倒産とかされたことあるからな!)。
 待っていればSOOMさんからまたツボなちびっこが来るさ、と自分をなぐさめつつあきらめたのですが、この様子ではそれも難しいかもしれない。ちょっと悲しい。
 それにしても去年は牛っこ・灰色角っこ・小鳥っこと、ほんとに耐えるのがつらかった(笑)。
 ボークスでさえしばしば限定再販するんだし、SOOMさんもいつかMD再販やってくれないかなあ!
posted by モロクっち(諸口正巳) at 22:29| Comment(0) | 日記

2010年05月12日

揺れる想い揺れる心

IMG_1008.JPG

 久しぶりに水銀屋さんの着替えしたら30分もかかってしまいました。服が豪華すぎるせいもあるんだけど、大きいサイズは何かと大変だ。
 片目だけ邪眼風のグラスアイにしています。でも写真がヘタクソすぎてよくわかりませんね。
 服もアイもウィッグも似合ってるんだけど、水銀屋とか帽子屋とか道化師みたいな雰囲気じゃなくて、なんか階級持ちの悪魔みたいに仕上がってしまった(笑)。まー、これはこれでうちのこらしくてアリかなー。


 ドルパでも黒兎さんにこぼしたのですが、原宿などでボディの現物を見たりすると、SD少年サイズも儚げでいいもんだと思ってしまうのですよ。
 黒兎さんとお会いしたときも、ふたりのお連れさんがそれぞれマークと35番のSD少年を携えてらっしゃって……。
 精神が斜め45度にぐらっと傾きました。
 これ以上サイズのバリエーション増やしてどうするんだ。
 ありとあらゆる鉱物がほんのちょこっとずつ産出されている日本という国みたいじゃないか(なにかのテキストで「日本の土地は鉱物博物館」みたいに揶揄されてた気がするんだけど記憶違いだろうか)。
 うーん、でもほんとにこれ以上増やしてもねえ。水銀屋も久しぶりに触ったわけだし。飽きたというわけじゃなくて、平等にかまいきれてないというのが現実。増やすならヘッドだけかな。
 
 最近ちょっと考えてるのは、ホワイト肌の夕霧ボディをひとつ手に入れようかということです。
 レノウのボディがあまりにもクタクタなので、アヤンのボディをお下がりにするか、そのまま夕霧ボディと取り替えてしまうか、と。
 鳩胸の精霊ボディはちょっとした憧れです。
 服着たときに胸がブカブカになっちゃうようなら、詰め物が必要だ(笑)。
posted by モロクっち(諸口正巳) at 21:14| Comment(0) | 水銀屋(LUTS 2009冬イベントヘッド)